2017年12月14日

洗濯機さんへ

結婚10年目を迎え、悲しいことに、次々と家の電化製品がつぶれていくなか(お金もかかる!)…先日、ついに洗濯機がつぶれてしまいました。
洗濯はできるけど、脱水ができない。
頑張って絞ってもなかなかで大変…。
私はその時ちょうど体調が悪かったのもあって、外にコインランドリーに行く気もなく、修理を頼んでもモーターが廃盤になっていてもう無いとの事で、急遽、新しい洗濯機を買って取り付けてもらうことになりました。
 
週末は洗濯物も多いし、時間もないし、体調も悪い中、洗濯機をどけて掃除もしないといけないし、どうしてこんな時に壊れるかなぁーと内心イライラしている私に子どもが一言。
 
「ママ、10年間頑張ってくれた洗濯機さんに    ありがとうって言わないといけないね。」
 
つぶれてしまったことばかりに気を取られて、お礼の気持ちをすっかり忘れていた私はハッとしました。
 
 
新しい洗濯機と引き換えにトラックに積まれて行く時、
 
今までたくさんの汚れ物を洗ってくれて、
夜中でも早朝でもいっぱい働いてくれて
本当にありがとう!お世話になりました!
 
と言って子どもたちと見送りました。
 
素直に感謝の気持ちを持っている子どもから教えてもらった出来事でした。
 
にこ☆
 
 
posted by 小児科を守る会 at 17:49| Comment(0) | 日々の出来事