2017年08月26日

もうすぐ二学期

よつ葉です。

あと1週間弱ほどで二学期が始まります。早く始まって欲しい思う反面うちにはもうひとつの問題が…。

息子です。…夏休み中は友達とも遊び、部活にもちょっとだけ?顔だし、宿題は…どうにか……ですが(苦笑)

不登校の学期開始はかなりの重みがあります。
新な気持ちとは反対に
始業式も課題テストも、2学期のメイン行事も苦痛でしかありません。

身内からは本人の問題、いい加減抜け出さないと!自分でちょっとでも行けるようにならなって簡単に言われます。言われる事は何より誰より分かっています。

実際、そんな言葉通り簡単ではありません。まだまだ心は安定していません。

何なんやろね学校って、とりあえず行きさえすれば正確なのか?(あ、登校するのが常識なんですけどね)

行くために、行けるように本人はかなりの努力をしています。
頭痛と不安と見えぬ恐怖と戦いながら、自分の置き場所を考えながら自分でできる事をします。(それでいいんだよ)
学校へ行けない罪悪感は半端ないです。

毎日が戦い。そんな子が多いです。
けしてふざけたり、怠けたり、逃げたりもしていません。
そんな生徒らも同じく二学期が始まります。毎日戦います。先生方には迷惑かけてますが
いつも温かい言葉や見守っていただき、こんな息子でも受け入れてくれていて感謝いたします。
posted by 小児科を守る会 at 00:28| Comment(2) | 日々の出来事
この記事へのコメント

親として辛い状況ですね。

私の娘は中学生の時
全てのことに対して「面倒くさい」と感じる時期がありました。

先生の言う通りに行動するのが面倒くさい。
友だちに合わせて笑顔を作るのが面倒くさい。
周囲の期待に応えて振る舞うことが面倒くさい。

そして

呼吸をするのも面倒くさい。

この「面倒くさい」に対して
親としてどのような返答をすべきか
ずいぶん悩みました。

そんなこと思わないで、頑張れ!
or
そう思うならしなくていいよ。

どちらも言うことが出来ず
「そうなんだね」
と 娘の言葉を聴くことしかできませんでした。

現在 娘は自分の心に折り合いをつけて
自分を表現しながら生きています。

親として伝えたいことを伝えるのも大切ですが、そっと見守ることしかできない状況の時もあります。

よつ葉さん
ぐっと地面を踏みしめましょう!
(o^^o)
Posted by くうま at 2017年09月04日 08:20
ありがとうございます。

娘さんも乗り越えて今を頑張ってらっしゃいますもんね、きっと精神的にぐっと強い人に成長されてる思います。

ほんと親はどうしてやったらよいか 日々考えさせられます。
じっと見守ることしかできない…。どんだけ辛さを変わってやれたらって思ったか

どうしても納得できない過去から抜けだせない自分、消えないトラウマ…
世間からみたらできない弱い人間に見えるんだろうけど
(私は逆に強いって思ってます。)

きっと、息子にとって今の時間も彼の人生の中で必要な事なんだと

今のマイナス思考も含め立ち上がってくれる事を信じています。
いつか人生の逆転満塁ホームラン打ちますので
その時まで今しばらくお待ちください…です!
Posted by よつ葉 at 2017年09月06日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。