2008年12月08日

たんば医療支え隊

20081206195035.jpg


hanaです☆

丹波でもいよいよ先輩方が動き始められました〜(^-^)v
その名も「たんば医療支え隊」

先日、自宅近くで「支え隊」主催の勉強会が開かれると聞き参加させていただきました。

開業医の先生からの医療講座もあり、丹波市内(柏原病院)に脳外科、循環器内科のお医者さんがおられなくなった今、救急搬送に時間がかかる。


脳疾病は「予兆」が必ずある。自分自身や周りの人が素早く気付けるように勉強を。
心臓疾病はその場にいる人がいかに早く対処出来るかにかかっている。AEDの使い方や心肺蘇生術の勉強を。

そしてか「かりつけの医師の出した薬はちゃんと飲むんやで〜どうもおかしいと思ったら朝晩飲まんなん薬を朝しか飲んでへんかったりするんや!アカンで〜」「丹波の人は我慢しすぎて手遅れになる人が多い。おかしいな、いつもと違うと思ったらすぐかかりつけの先生に診てもらってな!」と開業医の先生ならではのお話も…(笑)

自分(達)の命は自分(達)で守りなさい。ってことですね(^-^)

そのあと医療崩壊、丹波の現状を聴きました。

参加された方は年配の方が殆どでしたが、私自身もとても勉強になりました。
posted by 小児科を守る会 at 09:06| Comment(0) | 守る会の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。