2010年10月08日

とりのお母さん

守る会代表☆丹生です

人形劇「くませんせいのSOS」のぬいぐるみに仲間が増えました。

それは…
ML_SH3G0097.jpg
とりのお母さん。

翼を傷めた、とりのお母さんは
子どもたちにごはんを運ばなくてはならず
とても困っていました。
くませんせいに痛み止めの薬を塗ってもらい
飛べるようになり、とても喜んで帰って行きます。

これまでの人形劇では
守る会メンバーの家にあった鳥のぬいぐるみを
代用していたのですが
今月23日(土)に予定されている人形劇上演に合わせて
市内の人形作家さんが作って下さいました。

翼には針金が入っていて曲げることも出来ます♪

本当にありがとうございました。

さあ!人形劇がんばりましょう^^


posted by 小児科を守る会 at 22:59| Comment(2) | 守る会の活動

2010年09月18日

丹波・北播こどもフォーラム

100920_1316~0001.jpg


守る会代表☆丹生です。

柏原病院小児科の先生からご案内を頂き
丹波・北播磨こどもフォーラム(勉強会)に参加させていただきました。

姫路赤十字病院・新生児センター小児科の五百蔵智明先生を講師にお迎えし
「SGAで生まれた赤ちゃんのおはなし」
というテーマでお話を頂きました。

「SGA」とは「Small-for-Gestational Age」の略で
お母さんのお腹の中にいる期間に相当する標準身長・体重に比べて
小さく生まれたことをいいます。

「SGA」で生まれた子の約90%は、2〜3歳までに成長が追いつきますが
3歳になってもほかの子どもに追いついてこない場合
「SGA性の低身長症」かも知れないんだそうです。

近年、日本では「SGA児」の比率が徐々に高くなってきており
「SGA児」は出生後から成人期に至るまで
成長障害や成人病に対するリスクが増加することが分かってきています。
と言っても、SGA児のすべてがそうなる訳ではなく
また、他の要因で同様の病態を示すこともあるので
心配なことがあれば必ず小児科医へ相談するようにとのお話でした。

ご講演後、一般のお母さんや保育士の方からの質問や
柏原病院小児科の先生や丹波市健康部の保健師さんなどからのご意見が相次ぎ
とても有意義なフォーラム(勉強会)になりました。

柏原病院小児科の先生や市の保健師さんが
子どもを持つお母さんの不安な気持ちを
しっかりと受け止めようとされている姿を見ることができ
とても嬉しく思いました。



posted by 小児科を守る会 at 20:00| Comment(3) | 守る会の活動

2010年09月17日

もうひとつの3周年

ayaです。
2007年4月に発足した守る会は、この春で3周年を迎えました。
それに続いて2007年9月に発足し、この秋で3周年を迎えたチームがあります。
それは・・・
『丹波市地域医療課』

新設された課なので当然すべてが手探り状態。
これまで本当に大変だったと思います。
そんな地域医療課の皆さんに「何か素敵なサプライズを」と考えて作ったのがこれ。
P0021.jpg
守る会メンバーからのありがとうメッセージ。
(3周年おめでとうってナンカヘン?気にしない気にしない^^;)

手渡そうと思って訪ねて行ったらお留守だったので
机の上に置いて帰りました。
ほんとは驚く顔が見たかったんですけどね〜。

ふつつかな娘たち(何年前?)ですが今後ともよろしくお願いします♪
 
posted by 小児科を守る会 at 23:53| Comment(3) | 守る会の活動

2010年09月16日

「ひょうごの子育て支援」集中講義in兵庫県立大学

SH3G003400010001.jpgSH3G002900010001.jpg
Blueです。

昨日、兵庫県立大学の集中講義
2限目のゲストスピーカーとして、丹生さんと参加させて頂きました。

25名ほどの生徒さんは、静かに、熱心に耳を傾けて下さり
とても話しやすい環境でした。

子育てを経験していない学生さん達に、
男性の子育ての視点
ワークライフバランスの視点
保護者の視点などから
いろんな分野のゲストスピーカーを招いての
子育てや子育て支援について考える講義プログラムでした。

実際、私は子供を産んでみるまで、
子育ての大変さなんて全く分からなかったので、
このような講義を親になる前に受けられたら良かったなぁと思いました。

丹生さんの講演の後で、
私の活動している子育てボランティアサークル「笑顔」についても
少し発言させてもらえました。
(月一回のイベントを楽しみながら、
集まって頂いたお母さん方の子育ての悩みを
皆で分かち合って解決しようという会です。)

学生の皆さんには
沢山の本を読むことも大事だけど、
何か一つの事を成して下さい。
実際の体験は心と体で感じ、
本では体験出来ない様々な事を学ぶ事が出来ます。
きっと皆さんの大きな自信に繋がることと思います。
というような事をお話させていただきました。

話し下手なのでうまく伝わったか心配ですが(^_^;)

講演会は毎回いろんな人に出会えて
とても勉強になります。

貴重な体験をさせてもらいました。

ありがとうございました!

最後に勝木先生が
姫路市近隣の病院が夜間救急の時間を短縮されたら、
その分の患者さんがどっと姫路市の病院になだれ込んで
姫路市の病院がパンクするのでは?とおっしゃってました。

本当に心配ですね。

どうか、守る会が蒔いた種が芽吹く事を祈ります。

また、当日お世話になったスタッフの皆さん
ありがとうございました!
posted by 小児科を守る会 at 17:51| Comment(0) | 守る会の活動

2010年09月11日

柏原病院草刈り作業

0911.jpg
メイです。
毎年恒例の柏原病院の草刈り作業にこども達と参加して来ました。
4年前に初めて参加させていただき、今回で3度目の参加。一緒に来るこども達も大きくなったなぁ…。と、感じながら親子で、刈ってもらった草や木を集めて軽トラに積む作業を、微力ながらお手伝いして来ました。
総勢100名ほど?の方が来られていました。どこかのこども会の子達も来ていました。
病院の広い敷地の緑が随分すっきりしました。多くの方と力を合わせるって気持ちいいですね。いい汗がかけました。
posted by 小児科を守る会 at 09:58| Comment(1) | 守る会の活動

2010年09月07日

津島にて

c.JPG

守る会☆丹生です

9月5日(日)愛知県津島市にて開催された
第3回「地域医療と健康生活を守るためのシンポジウム」にて
講演をさせていただきました。

これはその演台に飾られていた花器です。

1本の竹を細工し
翼を広げた「鶴」に見立てています。
おなかの部分に水を入れて花を生けるのですが
水を入れておけば、翼の部分の葉は
いつまでも青々としているのだそうです。

私があまりに感動していたからか…(笑)
お土産に持たせて頂きました。
家族にも「スゴイ!何コレ!?」と評価は上々^^

シンポジウムとは直接関係ありませんが
皆さんにお見せしたくてブログに書かせていただきました。

今回のシンポジウムでお世話になったスタッフの皆さま
会場にお越しいただいた300名もの方々
本当にありがとうございました。


posted by 小児科を守る会 at 10:15| Comment(4) | 守る会の活動

2010年09月05日

ありがとうポスト増産

CIMG2158.jpg
ayaです。
長かった夏休みも終わり、9月3日に久々の定例会がありました。
いつもやっている「ありがとうメッセージ」の発送作業と併せて
今回は「ありがとうポスト」を増産しました。
というのも
市内8箇所の薬局さんに置いてもらえることになったんです^^
薬の待ち時間なんかに、ちょこっと書いてもらえればと思います。
 
posted by 小児科を守る会 at 21:31| Comment(0) | 守る会の活動

2010年08月25日

地域医療体験実習交流会

201008241908000.jpg
こんにちは!Blueです。

8月24日(火)午後6時〜
丹波悠遊の森で
第3回柏原病院地域医療体験実習交流会(バーベキューパーティー)
が開催されました。

私は、子どもを連れて参加させて頂きました。
柏原病院の先生方と研修医3名
事務員の方と計30名程とのバーベキューでした。

近くに座られた奈良医大からの研修医の方が、
地域医療に関心があるとの事で、この日、青垣町へ訪問診療について行かれたそうです。

将来的に若い先生が、地域医療に携わって頂けたら、田舎に住んでいる者としては、とてもありがたい事です。

それと同時に地域で守り、育てる医療を住民が常に心がけなくてはならないなぁ。と改めて思いました。

奈良医大も医学生が増えていると聞いて、何だか嬉しくなりました。

そして、子ども達は…
というと
代わる代わる色んな先生に相手をしてもらっては、
大喜び!
笑いの渦を作っていました!

お腹がよじれるくらい笑って、先生方も
「こんなに笑ったり、
笑い声を聞いたのは久々だ!」
とおっしゃってくださいました♪

本当に楽しい時間をありがとうございました。
posted by 小児科を守る会 at 17:47| Comment(2) | 守る会の活動

2010年08月11日

市内医療機関のお盆休み一覧表

お盆中の診療スケジュールは各医療機関によって異なるので
「今日どこが開いているか?」というのが分かりにくいですね。

医師会と丹波市の協力により「開院状況一覧表」をいただきましたので
ここに掲載させていただきます。
いざと言う時に役立ててくださいね。

パソコンの方はこちらから
携帯の方はこちらから
posted by 小児科を守る会 at 12:03| Comment(0) | 守る会の活動

2010年07月31日

うちわ配りをしました

07-31.jpg
メイです。
今日は、近くのショッピングストアー2店舗の店頭で、守る会のうちわ配りをしました。
夏休みの恒例行事となりつつあり、今年で三年目となります。
今年は、ちーたんも一緒にうちわ配りを手伝ってくれました。中に入って下さったのは、守る会メンバーのパパさん。汗だくで愛嬌を振りまいてくれました。ありがとうございました。
親子総勢30名ほどで配ったのと、暑さのかいあって500枚のうちわは、1時間半ほどで配ることが出来ました。
一緒に可愛いありがとうメッセージを募集する紙も配布しました。
情報満載の守る会うちわと、ありがとうメッセージを手にされた多くの方々に守る会の活動メッセージが届けばいいな。と、思いました。
posted by 小児科を守る会 at 15:29| Comment(2) | 守る会の活動

2010年07月28日

柏原病院研修学生さんとの交流会に参加

CIMG6191.JPG
 メイです。
 柏原病院に研修に来られている学生さんとの交流会に、お招きいただきました。
 バーべキュウといういことで、美味しいお肉をいただきながら、医学部現役学生さんや病院の先生方関係者の方々と、色々お話をして楽しい時間を過ごさせていただきました。
 実習に来られた学生さんの柏原病院の感想は「へき地の病院と聞いていましたが、病院に新しい機械も多く、活気を感じられました。」とのことでした。
 院長先生ともお話しさせていただいたのですが、色々な形で、学生さんの研修や実習を受け入れられたり、病院の様子を地域に伝える会を頻繁に開かれたりしておられることを知りました。新しいお医者さんを育てる取り組み、地域とつながった医療を作る取り組み、様々な御努力をいただいていることに感動しました。
 そして、みなさん、バーべキュウに参加したこども達までとーっても可愛がって下さり、こども達は大喜びでした。
 研修に来られた学生さんも、まだ大学4年生ということで実習はないそうなのですが、学内に貼ってある参加者募集のポスターを見て、この研修に興味を持ち参加されたとのこと。みなさん熱心な方々でした。
 この研修をきっかけに、丹波の土地、丹波の医療、人々を気に入って下さったらいいな。と、思いました。
 今回の会を企画していただいた病院関係者の方々、有意義な会に参加させていただきありがとうございました。
posted by 小児科を守る会 at 14:53| Comment(0) | 守る会の活動

2010年07月16日

定例会でした

ayaです。
14日に守る会の定例会を開きました。
いつものように「ありがとうメッセージ」の飾り付けをしたあと
ショッピングセンターの掲示板に貼る展示物の作成。
写真にコメントを付けただけの簡単なものですが
守る会の活動内容をいろいろと紹介しています。
CIMG1805.JPG
↑↑↑ 作業風景
右奥に紙芝居「くませんせいのSOS」の袋が山積みになっているのが見えますね。
各園に配る紙芝居を町別に分けているところです。
昨日の記事では特大マグネットステッカーの大きさが分かりませんでしたが
実はこんなに「特大」なんですよ^^
CIMG1810.JPG
午後からは仕上がった模造紙を貼りに行きました。
白いカゴにはくませんせいの絵本を入れていたのですが
なくなっているのでまた補充に行かないといけませんね。
CIMG1828.JPG CIMG1826.JPG
メルマガの登録カードを自由に持ち帰れるようにしてみました。
地元商店さん協賛のメルマガクーポンも好評です。
特典内容がよく分かるようにリストにして書き出してみました^^
みなさん「ゆめタウン」に行かれたらぜひ掲示板をチェックしてみてくださいね!

posted by 小児科を守る会 at 22:18| Comment(1) | 守る会の活動

2010年07月15日

紙芝居「くませんせいのSOS」

rnr.JPG

紙芝居「くませんせいのSOS」が完成しました!

かかりつけ医と二次救急病院の使い分けについては
「くませんせいのSOS」のミニ絵本を配布するなどして
周知を図ってきましたが
より多くの子どもたちに知ってもらおうと紙芝居を作りました。

丹波市内の全ての保育園・幼稚園・認定こども園(36園)に
手作りの紙芝居をお届けしようと思い立ってから一年半…(笑)
ようやく全園の分が完成しました。

守る会メンバーがお届けに上がる旨を事前にFAXで通知させていただき
今日から一斉にメンバーで手分けして届け始めました。

どの園の先生方も手作りの紙芝居だということに驚かれていました。

「コモーレ丹波の森」さんのご厚意で印刷して頂いたものを
守る会メンバーが手作業でボール紙に貼り付けています。

ひときわ感心されたのが紙芝居を入れる この袋

?.JPG

白い布で作った手提げ袋に消しゴムはんこでタイトルを。

保育園や幼稚園で読み聞かせていただき
子どもたちが、おうちに帰ってから家族に
「きょうなあ。あんなあ。くませんせいの かみしばい みてん。」
なんてお話してくれるとステキですよね。


また、同時に通園バスなどに貼っていただく
特大マグネットステッカーもお届けしました。

oXp.JPG

一昨年秋にも通園バスをお持ちの市内各園にお届けしたのですが
かなり古びてしまっているのではないかと思い
新しく作ったものをお届けしました。
通園バスのないところもステッカーを希望してくださり
とても温かい気持ちになりました。


私たちの活動が
地域の皆さんに支えられているということを
再認識させていただきました。

本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


守る会代表☆丹生
posted by 小児科を守る会 at 23:30| Comment(1) | 守る会の活動

2010年07月12日

うちわ

100712_1429~01.jpg100712_1427~01.jpg
handです。

たどたどしい手付きでパソコンに向かい・・・やっとうちわのデザインが完成しました☆

完成したうちわは、20日に届く予定です。

今年も、一人でも多くの方に使って頂けたら嬉しいですね。
posted by 小児科を守る会 at 14:43| Comment(4) | 守る会の活動

2010年07月07日

キワニスドール

100624_1226~0001.jpg


ちいさなかんじゃさんへ
はじめまして
わたしはキワニス・ドールです。
きょうから ずっといっしょ。
きみのちからづよいともだちにしてね。


キワニス・ドールをご存知ですか?
私も先日までは知りませんでした。

神戸大学での講演のご縁で
私たち守る会へキワニス・ドールを送っていただくことになり
先日届きました。

真っ白でのっぺらぼうな、この人形は
子どもたちが好きな色を塗り
顔や洋服を描いて遊ぶことができるようにとの
配慮があるそうです。

入院中の子どもたちの
心強いパートナーになっているとのことです。

また、お医者さんが子どもの患者さんを診察する際に
どの部分が痛いのかを人形を使って
子どもに示してもらったり
お医者さんがこれからおこなう治療を
子どもに説明する際にも使われているんだそうです。

キワニス・ドールは
キワニスクラブという国際奉仕団体の会員さんが
一体ずつ手作りされています。

このような心のこもった活動が
医療の一側面を支えているのですね。

守る会+キワニス・ドール=

何が出来るでしょう…想いが膨らんでいます。

守る会代表☆丹生
posted by 小児科を守る会 at 21:10| Comment(0) | 守る会の活動

2010年06月25日

ザ・ベストテレビ

NHKと民放の連携で、この1年のドキュメンタリーとドラマの最高傑作が大集合!
テレビ界を代表するコンテスト受賞作を5日連続で一挙紹介!
グランプリ9作品は“まるごと”放送!!

第1部 6月26日(土) BS2 後1:30〜後6:00
第2部 6月27日(日) BS2 後1:00〜後5:00
第3部 6月28日(月) BS2 後9:00〜後10:30
第4部 6月29日(火) BS2 後9:00〜後10:30
第5部 6月30日(水) BS2 後9:00〜後10:30

多チャンネル化が進む中、毎年、膨大な数のテレビ番組が制作されては電波に乗っています。
しかし、その大半は、一部地域だけでの放送であったり、再放送の機会に恵まれていません。
中でも、ドキュメンタリー番組はその傾向が顕著です。放送される時間帯も、多くの人が視聴しやすい時間とは言いがたく、ドラマなどと違ってDVD化されることもめったにありません。
例え、人の心に強く訴えかける名作・傑作・力作であっても、視聴者がドキュメンタリーを見ることは極めて困難なのです。
NHKでは、その年の主だった「テレビ賞」に入賞したドキュメンタリー作品のダイジェストを一挙に紹介し、グランプリ受賞作品については全編をまるごと紹介する「ザ・ベストテレビ」を放送。

その中の6月26日(土)13:40ごろから放映される番組内で、丹波の医療再生への取り組みについて触れられています。

日本放送文化大賞 グランプリ作品
「赤ひげよ、さらば」
〜地域医療“再生”と“崩壊”の現場から〜

(北海道放送)


posted by 小児科を守る会 at 08:00| Comment(0) | 守る会の活動

2010年06月22日

定例会(^O^)

100622_1137~01.jpg100622_1135~02.jpg100622_1135~01.jpg
えみあゆです。
今日の定例会には篠山支部長?!さんも参加して下さいました(*^o^*)
みんなでワイワイありがとうメッセージを飾りつけました♪
初めての作業はどうでしたか?
これからもよろしくお願いしますo(^-^)o
posted by 小児科を守る会 at 20:12| Comment(1) | 守る会の活動

2010年06月10日

ママのおしゃべり救急箱

ayaです。
今月に入ってから「ママのおしゃべり救急箱」(ママ救)を2回開催しました。

1回目は6月5日(土)
市内の鴨庄保育園の参観日にて。
CIMG1731.jpg
人形劇「くませんせいのSOS」を親子で観てもらいました。
園児たちはおしゃべりもせず、すごく真剣に聴いてくれました。
その視線の熱いこと熱いこと・・・

2回目は6月9日(水)
隣の篠山市の子育てサークル「あっぷっぷ」にて。
CIMG1759.jpg
こちらはNHK大分放送局から取材に来られてちょっぴり緊張!
7月2日放映予定ですが大分県内限定だそうです^^;

どちらのママ救でもたくさんの「ありがとうカード」が集まりました。
座談会でも医療に関するいろんな意見が出たのですが
中でも共通していたのが
『丹波圏域の小児救急電話相談は対応が超親切!!』
ということでした。
「本当に親身になって相談に乗ってもらえてありがたかった」
「納得できる説明で朝まで落ち着いて看病できた」
「不安だったらまた電話してね、と言われて、それだけで安心できた」
などなど、、、ママたち大絶賛!

丹波の電話相談は利用率が高いそうですが、
それは適正受診を心がけようと努力する保護者が多いことに加え
高い満足度&深い安心感を提供してくださっている相談員さんのお陰なんですね!!
本当に感謝感謝です☆
posted by 小児科を守る会 at 22:26| Comment(2) | 守る会の活動

2010年06月01日

篠山みやげ

守る会代表☆丹生です。

(社)柏原納税協会法人女性部の定期総会にお招き頂き
守る会の取組みについて発表させていただきました。

皆さま本当に熱心に聴いて下さり
多くの方が「ありがとうメッセージ」を書いて下さいました。

丹波地域の住民の皆さんにお話をさせていただく機会は
実のところあまりありません。
そのような中で、等身大の私たちを知っていただいたようで
本当に嬉しく思いました。
皆さま ありがとうございました。

昼食もご一緒させていただき
おみやげまで頂き、帰宅しました。

.jpg

じゃーん☆
地元・篠山特産の黒豆を使用した食品の数々^^

本当にありがとうございます。
丹生家でありがたく頂きます。










posted by 小児科を守る会 at 19:22| Comment(3) | 守る会の活動

2010年05月30日

子育て講演会のお知らせ

去る3/20に開催された丹波市教育委員会主催の講演会と同じ講師です。
参加した保護者から「非常に良かった」「もう一度聴きたい」という声が多数あり、託児付きでの再開催となりました。前回子どもに気を取られてじっくり聴けなかった方も、もちろん初めての方もこの機会にぜひどうぞ!
参加された方には、ゆめタウン広場「スターバー」のドリンク割引券プレゼント☆身も心もリフレッシュしてみませんか?

【とき】
6月6日(日)13:30〜15:30(受付13:00)
【ところ】
丹波市氷上町
ゆめタウン ポップアップホール
【演題】
笑って学ぶ子育てのコツ
【講師】
(有)KID'S いわき・ぱふ 代表 岩城敏之さん
【定員】
先着250名(要申込)無料
【託児】
先着25名(0〜5歳・要予約)1人500円
※5歳までのお子様は託児をご利用ください。(会場には入れません)
【問い合わせ/申し込み】
NPO法人・Tプラスファミリーサポート
0795-82-8524
yukari@t-plus.jp
※各町公民館、子育て学習センターにも申込書があります。
※こちらからもダウンロードできます。→◆申込書◆

(主催者からのメッセージ)
子育て中の保護者のみなさま、毎日お疲れさまです。
今回の講演会は去る3月20日の丹波市教育委員会の主催で「子育て講演会」に招かれた講師です。私はその講演会に参加して、おおいに感動・共感して、また当NPOでもお招きしました。
講師である岩城氏は「子育ては母性ではなく、文化である」と言っています。つまり、国や地域によっても異なり、守り・伝え・育み・進化させるもので、個々の保護者の責任転嫁ではなく、その保護者も含めて、地域全体で責任を持って担っていくものだそうです。
子育て真っ最中の保護者の皆さんはもちろん、ちょっと手遅れかなと悔やんでおられる、大きなお子さんをお持ちの方も救われる内容で、また子どもさんに関わるお仕事をされている方々にも聴いていただきたい、新鮮な視点です。自然な笑顔で穏やかに子育てを楽しんでいただくためにも、自信を持って子どもさんに接していただけるよう、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
posted by 小児科を守る会 at 16:55| Comment(0) | 守る会の活動